指導者紹介

指導者紹介

貝塚道場で空手の指導をしているのは、奥野佑磨先生です。
奥野佑磨先生は優しい見た目ですがしびれるほど強い空手選手でもあります。

2016年 真樹道場全日本大会 準優勝
2016年 全関西大会 優勝
2017年 世界大会 選抜選手
2017年 全日本大会 準優勝

奥野佑磨先生は4歳から空手を始め、全日本ジュニア大会での優勝経験もあります。

4歳から空手を続けてきた奥野佑磨先生は、今では立派な空手の先生ですが、小学生のころは空手を辞めたくて仕方なかったと話しています。

ゆうま先生

ジュニアから空手を続けてきたからこそ、子どもたちの気持ちが痛いほどわかります。

 

空手を続けることで子どもは自分に自信をつけていきます。
自分に自信ができると、困難にぶつかったときに立ち向かえる人間になります。

 

奥野佑磨先生が空手を続けてこれたのには理由があるようです。

ゆうま先生

空手を続けることは、一筋縄ではいかないこともあります。

 

僕が空手を続けてこれたのは、僕を理解してくれた先生に出会ったからです。

貝塚の子どもたちにとって僕が「人生を変えるきっかけ」になれるように指導に当たっています。

ジュニアからの空手経験がある僕だから子どもたちの気持ちがかわるし、伝えられることがあります。